サービス

SERVICE

帳簿と決算申告

帳簿とは何でしょうか

そもそも帳簿とは何なのでしょうか?なぜこれを作らなければならないのでしょうか?
法人税や所得税などの税金は「申告納税制度」というものが採用されています。これは簡単にいうと「税金は自分で計算してくださいね」という制度です。

税金は利益に対してかかりますから、自分で計算するには自社がいくら儲かっているのか把握しないといけませんよね?
そして利益を把握するには日々の売上や経費を記録する必要があります。この記録するものが「帳簿」、帳簿を作成する作業を「記帳」といいます。

ひとことで帳簿といっても、売上帳や仕入帳など色々な種類があります。会計や税務の知識がないと作成がものすごく大変なものもあります。
この帳簿、きちんと作って保管しておくことが法律で義務づけられていて、作り方のルールも決まっています。

自分で帳簿を記帳するのはかなり大変です

ここまで帳簿の説明をしてきましたが、はっきり言って本業に忙しい社長さんにとってはすごく面倒じゃないでしょうか?
大事なのは確かなんです、でもお客様の対応や日々の売上の方が優先しますよね?

もしこれを自分で作っていたらどうなるか

  • 仕事が終わる
  • 疲れた状態で今日のお金の出入りを記録する
  • 途中でわからないことが出てきてネット調べる
  • 合っているか不安だが、とりあえず記録する
  • 集計すると帳尻が合わない

恐らくこうなってしまいます。

税理士に任せてしまえばこうなります

お客様にして頂くことは非常にシンプル、これだけです
領収書やレシートなど、必要な書類を
月ごとにまとめる
まとめた書類を定期的に郵送する
必要な書類がなんなのかわからなくても大丈夫です。
お客様にとって何が必要なのかヒアリングしてお伝えします。
例えば、
  • 経費のレシート
  • 事業用口座の通帳コピー
  • クレジットカードの明細
  • 売上の集計表
こういった書類を月ごとにまとめて送って頂くだけで帳簿が出来上がります。
書類について確認することがあれば連絡をします。

決算と税金の計算

税金は利益に対してかかります。
決算とは帳簿をもとに1年間の利益を確定する作業です。そして利益をもとに法人税や所得税の計算をします、この税金を計算して役所に提出する作業を申告といいます。
この決算と申告の作業は非常に複雑で専門的な知識が必要ですので詳細は省略しますが、お客様にとっては帳簿と同じ「書類を用意して送る」だけです。

「年末調整」

年末調整は従業員さんがいる会社さんだけ必要になります。
会社に勤務されていたことがある方は年末調整して貰ったことがあると思います。年末に保険の控除証明とかを会社に提出して、税金が還付されるあれです。
自分が事業主になると今度は従業員さんの年末調整をしてあげなければなりません。
ただ、ここでもお客様にして頂くことは帳簿や決算と同じ「書類を用意して送る」だけです。

税務サポート

税務サポートとは

税務サポートとは、節税や会社を経営するうえでの相談に乗ったりアドバイスをすることです。
相談の内容は色々あります。
例えば、

  • 法人を設立するのに資本金はいくらにしたらいいですか
  • 車を買うと節税になりますか
  • 何が経費になるのですか
  • 家族に給料は払えますか

他にも書ききれないくらい色々な相談を受けますが、お客様によって内容は違いますし、同じ相談でもお客様によってアドバイスが変わることもあります。
これは帳簿や決算のように定期的にやらなくてはならないことと違います。疑問や悩みはお客様のタイミングで発生します。
これを自分で解決するのはナビも地図も無しで標識だけを頼りに車を運転するようなものです。しかもその標識は専門用語で書かれています。
また、せっかく税理士と契約しても、気軽に相談できない間柄だと自分で解決するより大変かも知れません。

どうやってサポートするの?

この税務サポート、毎月職員がお客様のところへお邪魔するという方式があります。これは規模の大きい会社さんや毎月の経営状態を細かく確認したい方にはいいのです。
でも、そうでない方、例えば小規模な会社さんにはむしろ負担になってしまうことが多いです。人が毎月動きますので料金もそれに応じたものになりますし、お客様自身の時間も定期的に拘束してしまいますから。

私の方針はお客様の手間を省き、安心して頂くことです。なので、お会いするのは1年の中間位と決算時など最小限にして後は電話やメールなどで対応することで、できるだけお客様の負担を減らすようにしています。
そして対応するのは責任者であり資格を持った税理士ですから、たらい回しなどがなくその場で相談を解決できることがほとんどです。
複雑な相談は打合せの際に説明することもありますが電話やメールで解決できることも多く、実際に開業してから今まで、会う回数がもっと多くないと困るというご要望は頂いていません。

料金について

料金の内訳

料金は毎月かかるものと年に1回のものに分かれています。

月額サポート料 帳簿の作成費用です。毎月かかり、顧問料とも言います
決算・申告 決算と税金の計算作業です。年に1回かかります
年末調整 従業員さんがいる場合に年1回かかります

節税相談などの税務サポート費用は上記料金に含まれています。
税務調査や融資のため銀行に提出する事業計画書などイレギュラーなものはその都度ご提示することがあります。

実際、自分の場合いくらなのか?

料金は帳簿や決算申告に必要な作業ボリュームで変わります。
作業のボリュームはだいたい事業の規模に比例しますが、例えば同じ売上の会社さんでもサービス業と製造業では経費の内容も違いますし、現金決済が多い会社さんもあればカード決済が多い会社さんもあります。
このように業種や規模、決済方法などによってボリュームは変わってきます。

そのためできればお会いして、書類の状況やご希望条件をヒアリングしてから料金をお伝えしています。
その際、面談での打合回数を必要最小限にしたり、書類の整理にご協力頂いたりすることでできるだけ負担が少ない金額を提案しています。

ただ、これだけだと全く見当もつかないと思いますので大体の目安としては、以下の表をご参考下さい。
正確な金額をご希望の方は、お見積りしますので、一度お問い合わせ下さい。

法人 個人事業主
月額サポート料 15,000円~ 10,000円~
決算・申告 100,000円~ 50,000円~
年末調整 基本料10,000円
+
年末調整をする人数×2,000円
基本料10,000円
+
年末調整をする人数×2,000円
*消費税別