027-252-2177

営業時間:平日9:00~17:00

青色申告でどれくらい節税できるか

こんにちは 税理士の清水です。

個人で事業をしている人は毎年3月に確定申告をしていますよね。

知っている人も多いと思いますが、確定申告には白色申告と青色申告という2種類があります。

私のところに相談にいらっしゃる方も、青色で申告したいけど難しそうなので税理士を検討しているというパターンが多いです。

ではなぜ税理士に頼んでまで青色申告をするのでしょうか?どんなメリットが?

65万円の特別控除 これに尽きます

青色申告にはいくつかメリットがありますが、最大のものがこの「65万円特別控除」です。
簡単に言うと、経費を65万円上乗せしていいですよという制度です。

結局のところ税金がどれくらい減るのか、事例で説明します。

売上 1,000万
経費 500万
利益 1,000万-500万=500万

白色の税金 500万×20%=100万円
青色の税金 500万-65万=435万×20%=87万円

※税率はわかりやすくするため20%で計算していますが、実際には種類も税率も複数あり、
人によってかなり違います。

上記事例ですと100万円と87万円でその差は13万円。
人によって減る税金の額は違うのですが、少なくともこの13万円位から多い人は30万円以上の節税になる場合もあります。

なぜこんなに節税できるのか

税金で得をするには当然それなりの代価というか条件があります。
青色申告の場合、それは「複式簿記で帳簿をつけること」です。

複式簿記の説明は長くなりますので省略しますが、自分でこの帳簿を作るのが困難なので税理士に依頼する方が多いのです。

もちろん、自分でこの帳簿を作っている人も中にはいますがかなり少数です。勉強も必要でソフトも買わなければなりません。

国としては、複雑な帳簿を作ってきちんと売上や経費を管理するかわりに、65万円控除というメリットを認めているのです。

忘れてはいけない手続き

帳簿を作っただけで青色申告はできません。前もって税務署に申請書を提出しておく必要があります。しかも期限は厳格です。

例えば平成29年の確定申告を青色にしたい場合、申請書類の提出期限は平成29年3月15日です。

もう少し詳しく聞きたい、自分の場合どうなるのか相談したい。という方はお気軽にご連絡下さい。027-252-2177 

お気軽にご相談下さい

税理士を探している、今の費用を抑えたいといった方はお気軽ご相談下さい。コツをお教えします。初回相談は無料です。 027-252-2177